スポンサーサイト

【--年--月--日 --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄桜鬼 碧血録」第15話・第16話

【2010年11月03日 16:53】

感想は週末・・・なんてこと言ってましたが、いてもたってもいられない!

16話は、今まで放送されてきたアニメ薄桜鬼の中でも、傑作中の傑作となりましたね。

もうラストのシーンでは涙腺大決壊


黎明録で多摩時代からの近藤さんと土方さんの苦悩と挫折の日々を見て。

それでもなんとか歯を食いしばるように這い上がり。

そして二人の固い絆を見せられて・・・

ちょうどそんなのを見た直後だったんで、余計に魂が揺さぶられました(涙)


あのシーンはゲームでもウルッときたけど、アニメだと余計に・・・

三木さんの名演に泣かされたよ~




では、16話の感想を・・・

と、その前に、軽く15話の感想も。




15話は、感想っていえるほどのもんじゃないけど(笑)

心に残った部分をいくつか。



この回の風間!

なんかエライ男前やったな~。

どっちかっていうと風間の作画は残念なことが多かったけど(笑)、この回はすっごく丁寧に描かれてて、美しいちぃ様でしたー


に、しても驚いた。

何がって、あんなにあっさりと薫が死んじゃったこと。

え?薫くん、これで終わり?


ま、薫をあんまり引っ張ったら、全10話では話を納めきれないもんな。


だけどちょっと千鶴ちゃん、淡白すぎない?

実の兄が死んだって言うのにー。

幼い頃のこと思い出したって言うのにー。


ま、いっか(え)



新選組を脱退することになった原田と永倉。

寂しいよな~、やっぱ。


二人を見送らず、一人ヤケ食いしてる平助が可愛かった(笑)


守ってやるって約束を果たせなくなって、千鶴に謝る原田。

でも「あの人」が守ってくれるから、って。

千鶴ちゃんと同様に、なぜかアタシも一緒にドキドキ・・・(笑)






そして16話。

15話は1回しか見てないけど、16話はもう5回くらい見ちゃったよー。

ホント切なくて、胸がキュンとなる。




偶然、天霧と会い、羅刹の重大な欠陥を聞かされた斉藤。

それは、羅刹の力は、その者の持つ寿命そのものだということ。

本来何十年かけて使い果たす命のエネルギーとでも言うのかな、それを前倒しに使っちゃうってことですね。

だから羅刹の力を使えば使うほど、その分その者の寿命が縮まる。


もちろん、この話はすぐに副長に報告する一くん。


そして土方さんは、羅刹の研究も今後増やすことも中止するように山南さんに告げる。


当然、反発しますよね、山南さんは。

でも土方さんは、これは命令だと強く山南さんに念を押すように中止を告げる。



そんな話を横で聞いていた千鶴ちゃんは驚きます。


話は終わり、みんなが解散した後、心配した千鶴ちゃんは土方さんに羅刹の力を使わないように頼むけど・・・

なぜお前にそんなこと指示されなきゃならない、と、ま~突き放すようなお言葉

千鶴ちゃん、めげるな!(笑)


自分の意思で羅刹になったんだから、お前が気に病むことはないと言う土方さん。

そんな土方さんだから余計に辛くなると千鶴ちゃん。

本当は羅刹になんてなりたくなかったって、本心を吐露して欲しいと。


敵わねぇな、ほんとに。

そういうところは江戸の女なんだな、と、それまでと違って柔らかい表情へと変わる土方さん。

早くに両親を亡くし、4つ上の姉に面倒を見てもらっていた土方さん。

その姉の口調に、千鶴のそれが少し似ていると。

だから言うことを聞かなきゃならない気になってくると。


そんな話をした後、厳しい様子だった先ほどとは打って変わって、とっても優しく千鶴の頭に手を乗せて、心配するな、と。


「土方さんて、なんだかんだ言って千鶴には甘いよな~」

って平助くんの言葉を思い出す~(笑)



と、その時、急に土方さんが苦しみだす。

羅刹の吸血衝動が出てきたようです。


とっさに土方さんの脇差を掴み、自分の指を切ろうとする千鶴。

土方さんに自分の血を与えようと。


でも必死にそれを止める土方さん。

千鶴から脇差を取り上げて、部屋から追い出す。


心配してその場から動けずにいる千鶴。


中からは土方さんの必死に苦しみに耐える声が。



その一部始終、羅刹の欠陥の話まで、実は全部物陰から聞いていた近藤さん。

このことが後々、近藤さんにある決心をさせるきっかけにもなったんでしょうね。

でも近藤さんのことだから、このことを知らなかったとしても、結果は同じだったかもしれないけど




江戸にいては戦えない、ということで、会津を目指すことになった新選組。

でもその前に、兵を増やさなければならないし、新しく入った兵の訓練も必要。


まずは流山に陣を移した。


斉藤は新入隊士たちの調練のために別行動。

殆どの兵は斉藤と共に本陣とは離れた場所にいた。


そんな時に間の悪いことに、いつの間にか流山の本陣を敵兵に囲まれていて。


自分が囮になるから、その間に逃げろと言う土方さん。

敵は2~300はいて、しかも今はまだ日が高い昼間。

いくら羅刹である土方さんでも、かなり劣勢なのは目に見えている。


すると近藤さんが、自分が出頭するから、その必要は無いと言い出す。


激しく反対する土方さん。


それまで静かな口調だった近藤さんが急に恫喝するように

ならばこれは命令だ!

と。


驚く土方さん。

俺に命令するのか・・・アンタが・・・
なに似合わねぇまねしてんだよ。


局長の命令は絶対なんだろ。

優しく土方さんに、そう語り掛ける近藤さん。

震えてうつむく土方さん。


なぁ、トシ。そろそろ楽にさせてくれ。俺を担ぎ上げるために、あちこち走りまわって、仕舞いには羅刹にまでなって。そんなお前を見てるのは辛いんだ。

俺は・・・俺のしてきたことが、アンタを苦しめてたのか。
侍になってお上に仕えて・・・そうすりゃアンタが一緒に喜んでくれると思って俺は・・・

すまん。お前をそこまで追い詰めたのは、俺だな。

ラストのシーンももちろん涙涙でしたが、この二人の流山陣屋での会話にもウルウルでした

黎明録ではまさに、近藤さんのために走り回り、苦悩して、壁にぶち当たって、そして這い上がり・・・

そんな始まりがあって、でもこんな結末が待っていて・・・

涙なくしては見れませんでした




近藤さんの意志は固く、それに従うことにした土方さん。

でもまだ未練はあるようで。

最後に陣屋を出る寸前にも、もう1度これでいいのかと確認をする。

「武士に二言はない」と穏やかな表情で答える近藤さん。


あんたはひでぇ男だなぁ。最後に重てぇ荷物を俺一人に背負わせて。

すまん。

この「すまん」の一言は、ほんとに近藤さんらしい言葉だなぁ、と。

近藤さんの優しさが現れているような。




裏口から抜け出して逃げようとするも、敵兵に見つかってしまう島田たち。

島田たちより少し遅れて出ていた土方さんが、その敵兵たちを斬り倒すが、更に多くの別の敵兵に見つかる。


島田たちを先に行かせ、羅刹となって敵兵たちに駆け寄り戦う土方さん。

千鶴の制止の言葉も聞かずに。


激しい怒りと悲しみの感情のままに刀を振り下ろし、その場にいた全ての敵兵たちを討ち果たす。


千鶴がその場へ近づくと、背を向けたまま「お前も先に行け」と土方さん。

その命令は聞けないという千鶴。


まだ千鶴に背を向けたままの土方さん。


俺はなんのために、ここまでやってきたんだろうな。
あんなところで近藤さんを敵に譲り渡すためか。
あの人を押し上げて、関聖帝君や清正公どころじゃねぇ、本物の武将にしてやりたかった。
片田舎の貧乏道場の主と農民の子で、どこまでいけるのか試してみたかった。
俺達は同じ夢を見てたはずだ。
なのにどうして俺はここにいるんだ。
近藤さんを置き去りにして、どうしててめぇだけ助かってるんだよ!
絶対見捨てちゃいけねぇ相手を見捨てて、てめぇだけ生き残って!!

慟哭する土方さん。

痛い。胸が痛いです


や~、それにしても、このシーンでの三木さんの熱演に、すっかりどっぷりアタシのハート、持っていかれちゃいましたー



で、このセリフにかぶせて、試衛館の頃や、敵に投降する近藤さんの様子が映し出され、余計に涙が溢れてきました。


近藤さんはとてもすっきりとした表情で、静かに微笑んでさえいて。


刀を握れなくなった己の肩、甲府での惨敗、永倉たちとの確執と決別。

自分には人の上に立つ力量などないのだと、そんな器ではないのだと、自己嫌悪にさえ陥っていた様子だった近藤さん。

そんな自分を必死に担ぎ上げようとする土方さんの姿を見るのは、そんな状態の近藤さんには、さぞかし辛かったことでしょう。


今まで己を捨てて、近藤のためだけに走り続けてきた友を、最後は自分が助けてやりたい。

そんな思いが、敵陣へ投降する近藤さんに、あんな表情をさせたのかも。



トシ・・・

近藤さんの声を聞いたような気がして、振り向く土方さん。

このシーンは組!の最終回を思い出させるなー


あ~、名作だ

ドラマでは新選組!

アニメでは薄桜鬼。



それにしてもこのシーンで、エンディングテーマを流してくるなんて、反則だーーー!

余計、泣けるじゃないかぁぁぁ。


この放送を見てから、エンディングテーマ曲、ずっと鬼リピしてる私なのでした~。
スポンサーサイト


コメント

  1. 月夜 | URL | -

    黎明録・土方さん&鴨さん

    いつもありがとうございます(ペコリ)
    わーv-291みさおさんもお仲間なんですね(嬉)

    少しネタバレありで黎明録についてです。
    私も土方さんの次は鴨さんルートにいきクリアしましたv-252
    二番手は一君とこ行きたかったんですけど、土方さんルートで疑問に思った事は
    シークレットな鴨さんルートで解決するのかな~?と思ってv-354
    プレイするペースも遅いですから…

    しかし、お目当ての人以外と仲良くならないようにするのは心が痛いですね(笑
    )サノさんに「名乗りたいんだけど、もうしばらくゴメンなさい」だし(笑)

    土方さんクリア特典の十六夜挿話、本当、ちゃっかりですよね~v-351
    深夜4時前、睡魔と闘いながらでしたが、さすがにその時は眠気もぶっ飛び
    「キャーキャー」e-266
    千鶴ちゃん、「歳三さん」って呼んでるしe-265
    一君みたいに土方さんもスネたのかなぁ(笑)…なんて想像v-238

    まだ全体の感想は語れないので、ツボをいくつか…

    多摩時代を詳しく描いてくれた事(泣けた~)
    土方さん達の成長話を見られた(土方さん頑張れv-217
    俺を越えて行け的な鴨さんv-237
    薄桜鬼での山南さんが前より好きになったv-221

    土方&山崎ルートっぽいところ(土方さんは立場的に龍之介と
    仲良くなりにくいから、私は山崎さん大好きだしこれで良かったと思う)

    十六夜挿話で、いろんな視点の話が楽しめるv-266
    龍之介が最後、鉄ちゃんの代わりを果たしてくれたのが良かった。
    お酒を振る舞う土方さんv-275
    土方さんのタイトルコールv-10

    平山いなくて寂しかったけど、平間さんにハマった(笑)
    網道さん、不気味すぎて、前より嫌いになれた(笑)

    パっと浮かんだ物を書いてみました(続く)

  2. 月夜 | URL | -

    続きです(長くてすみません)。

    先ほどのコメント、ハートマーク使いすぎて、
    割れたハートも混じってしまい失礼しましたv-12

    ふっ…ふでさん懐かしいv-291
    組!の名言、私もいろいろハマりましたよ~v-221
    今は赤箱も青箱も実家に封印してますv-356
    封印といたら大変な事になっちゃいますからね~v-355
    この前、実家帰った時に封印をとくかギリギリまで悩んだんですけどね…
    手をつけてない録画も本もまだ、沢山たまってるので
    自分への罰なのでしたv-12

    本編、原田ルートは乙女モード全開ですよねv-351
    土方ルートはなかなか恋愛に発展せず、スタッフも苦労したとかv-291

    最近、小説とかを読むのはすっかりサボり気味なのですが、
    今後は三木さんの声で読んでしまいそうな私ですv-344
    今までは栗塚さんっぽい声で読んだり、組!にハマってからは
    耕史君っぽくしてみたりでしたが、三木ボイスにヤラレてしまいましてv-351

    みさおさんのおっしゃる通り、ドラマなら組!
    アニメは薄桜鬼が傑作だと私も思いましたv-252
    16話は凄すぎる~v-425
    もう、みさおさんの感想に同意しまくりでしたv-425

    小説とかなら傑作も沢山あったと思いますが、映像作品って
    なかなか傑作が生まれないな~と私は思います。
    ドラマは組!以外にもたまに傑作と思える物もあったので、
    自分が組!でどうしても足りなかった部分(ゴメンなさい)は
    他の作品などで少しずつ埋めたりしていましたが、
    ドラマ以上にアニメは難しいみたいで、新選組が主役のアニメって
    ピスメ以外、たぶん、ほとんどなかったですよね?
    組の隊士が脇役でちらっと出てきたり、銀魂みたいに組の隊士を
    モデルにした作品ってのはそれなりにあったとは思いますが‥

    だから、私にとって、薄桜鬼は長年の夢を叶えてくれた
    軌跡の作品なんですv-352

  3. みさお | URL | 8WFIowAI

    月夜さんへ

    お返事、遅くなってしまって申し訳ございませんv-356
    ゲームに夢中で、あっちのブログもあんまり身が入らない感じで。アハe-330

    そうなんですよ。
    私も2番目に一くんをしようと思って進んでたんですが、一くんルートを進めていくと、途中で鴨ルートが出てきましたよね。
    これはちょっと気になるから先にやっちゃおー!てなったんです。
    私も同じく、気になるところがあって、もしかして鴨ルートで解明される?と思ったんですが、結局謎のまま・・・
    鴨暗殺の時、鴨を刺した土方さんが驚いた顔をしますよね。
    鴨さんが何か言った?
    て思ったんだけど、その辺の種明かしは無いまま進んでいって・・・
    あの土方さんの驚いた顔は何だったんでしょうね?
    今も気になってます。

    で、そーそー、そーなんです!
    土方さんが大好きなのに、土方さんをスルーしていかなきゃならないのって、辛いっっ!(笑)
    当然、よそのルートに行くと、いつまでたっても土方さんは警戒心を解いてくれず、馴染んでもくれない。
    これがもっと辛いっっっ!!e-259(笑)

    十六夜挿話の土方さん、何気にエロイよ、おい!(笑)
    熱い茶よりも、お前で暖めてくれ的なこと言ってましたよね。
    えーえーえーーーーーっ!土方さ~~~~~んっ(照)
    三木さんの声がセクシーe-51で余計に・・・うっ(鼻血)

    で、そうです、タイトルコール。
    デフォルトは龍之介くんだけど、クリアするとそのルートの人の声が追加されていくんですね~。
    最初、土方さんの声で聞いたとき、「え?幻聴おこすほど好きになりすぎてもたか?!」って思いましたー。アハハe-330


    今、沖田ルートをやってる途中です。
    めっちゃ泣かされますe-259
    チビ総ちゃんが不憫で不憫で・・・
    それにしても土方さんに対する総ちゃんの態度は、まるで・・・
    大好きなお父さん(近藤さん)が再婚して、聡明で美しい新しいお母さん(土方さん)がやってきて、お父さんが取られたような気になってやきもち焼いて、新しいママに懐かない子供、って感じ~(たとえが長いなっ 笑)

    明日は仕事が休みなので、今夜は思いっきり夜更かしして、ゆっくり腰すえてゲームやりますe-343
    ルンルンe-454

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



Free JavaScripts provided
by The JavaScript Source

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。