スポンサーサイト

【--年--月--日 --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄桜鬼」第5話・第6話

【2010年05月15日 16:10】

第6回の放送までに感想アップ追いつかす!

なんて言ってましたが、またまた周回遅れ

トホホ・・・

アニメは毎週、リアルタイムで見てるんですけどねぇ。


てことで、なかなか追いつけないだろってことで、今回は遅れている分、第5話と第6話の感想をひとつにまとめて。

分けて書こうとも思ってたけど、既に6話まで見ちゃってるから、頭の中でごちゃごちゃになったりするのよね




ところで薄桜鬼が舞台化なんてニュース記事が出てましたが。

新選早乙女太一「これからは男役を柱に」/日刊スポーツ


う~~~ん・・・

土方さん・・・若すぎね?

これで大人の魅力ってのが表現できるんでしょうかね?


ま、いいや。

舞台まではさすがに観に行かないし。

ゲームやアニメとは全く別物みたいなもんやもん。

アタシ的には。




さぁ、本題に戻ろっと。


第5話。

伊東甲子太郎がいよいよ登場。


ゲームではいつの間にかいたカッシー(笑)

アニメではちゃんと、まず平助が話を持っていき、後から近藤さんが行き勧誘。

史実に沿って描かれていました。


まぁ、それにしても鬱陶しい人だわ、カッシー。

試衛館の面々は、来る前から既に胡散臭い目で見てたようだけど(笑)



幹部が集まって新しい屯所について話し合っている時。

土方さんの西本願寺案に反対する山南さんに、嫌みったらしく動かなくなった腕の話を持ち出す伊東。


場が凍り付いてるじゃないか


「今のはどういう意味だ、伊東さん!」と食って掛かって言い返す、土方さん。



それにしてもさ、土方さんの西本願寺案、近藤さんたちの様子から、この場で初めて言ったって感じよね?

なのになんで伊東が前もって西本願寺を屯所候補として既に調べてたんだろ。


え?考え方が土方さんと一緒?

えーーー、なんかヤダーーー



会議が終わり、伊東に文句タラタラな土方さんや沖田、原田、永倉たち。


「土方さんが返品してきて下さいよ。新選組に、こんなのいりません、て」

「近藤さんが許可するわけねぇだろう。すっかり伊東さんに心酔してるみてぇだしな」

「もう、役に立たない人だなぁ。無茶を通すのが鬼副長の仕事でしょうに」

「だったら総司、てめぇが副長やれ」

「ははは・・・嫌ですよ、そんなめんどくさい」



この土方さんと総ちゃんの会話、面白いよな~。好きだな~(^m^)

鬼の副長で遊んじゃってる総ちゃんが、おもろすぎ(ぷぷ)

いい感じになめてて、最高だわ(笑)


で、千鶴に伊東についてどう思ってるのか聞かれた斉藤。

こちらはこちらで、答が回りくどくって面白い(笑)

薄桜鬼の斉藤らしい答だわ(^m^)

はっきり「嫌いだ」って言わないところが(ぷ)




あ、そうそう、伊東の歓迎のために酒席を設けた日。

燗の支度をしている千鶴に江戸の平助からの言伝を伝える土方さん。

めちゃめちゃオトコマエだったわ~~~


この回は綺麗に丁寧に絵を作ってくれてましたよね~。

特にこの時の土方さん


結局まだ父の情報はつかめず落ち込みながらも礼を言う千鶴に、優しく微笑む土方さん。

この土方さんが、またステキ




さて、伊東の言葉にかなり傷ついたんだろね、山南さん。

とうとう迷っていた変若水を・・・


山南さんの様子が気になって後をつけていた千鶴。

前川邸に入っていく山南さんを追いかけて千鶴も中へ。


山南さんに見つかり、部屋へと招き入れられ、父の秘密、新選組の秘密を聞かされる。


そして山南さんは千鶴の目の前で変若水を飲んでしまう。


苦しみだす山南さん。

理性を失い、千鶴の首を締め付ける。


ここまでが第5話でしたね。



そして第6話。

一瞬わずかに理性を取り戻した山南さんが、今度は自分を殺せと千鶴にせまる。

拒む千鶴と、千鶴の小太刀で自らの心臓を突き刺そうとする山南さん。


異変に気づいた幹部達が、その場に駆けつける。


土方さんが小太刀を叩き落し、山南さんを押しとどめる総司たち。

安心したのか、その場で気を失い倒れる千鶴。



それにしても羅刹となって髪の色が変わっていく描写がうまかった。

アニメだとあんな風になるんだ。




目覚めた千鶴に何があったのか問いただす土方さん。


部屋に入ってきた時の冷たい視線がまたステキ


全ての秘密を千鶴が知ってしまったと知り、冷たく突き放すように、妙な動きをすれば殺す、と。


死んでも困らない、なんて言われるのって辛すぎる

それも、好きな人さ。

おそらく千鶴はもう、だんだん土方さんのことが気になりだしてるだろうし。

胸がきゅーーーっとなったよ




羅刹となってしまった山南さんは、腕は治ったようだけど、昼間の行動は辛くなる。

今までのような隊務をこなす事は困難になるだろうと。

そこで山南さんは死んだことにするという結論に。


山南さんを伊東たちの目から隠すためにも、西本願寺への屯所移転を決行する。


うまいこと史実とからめてるよな~。

実際に、山南さんが切腹した後まもなく、西本願寺に移転してるもんな。




屯所が西本願寺に移転してから、平助が江戸から戻ってくる。

少し以前と様子が変わっている。


平助の思想が変わってきてるんですよね。

いやそれとも、平助が最初に思っていた方向とは違うところへ、新選組が行ってしまったのか?平助にとって。



そして巡察中に・・・出てきました、薫。

ゲームだと土方ルートに行ってしまうと、ほぼ町娘Aみたいな存在なんですが(笑)

アニメの場合はちゃんとキャラをたたせてくれるんでしょうね。

エンディングでは沖田VS薫ってな絵柄があるし。

カッシーでさえ、あんなにちゃんと描いてくれてたし(笑)




将軍が上洛。

警護の任を与えられた新選組は、将軍が入った二条城を守り固める。


千鶴もその中に参加して、伝令などの仕事を。


ふと、羅刹になった山南さんと同じような空気を背後に感じる千鶴。

振り向くと、そこには風間たちが。


貴重な女鬼である千鶴をさらいに来た様子。


いよいよ始まりました。

風間の婚活(爆)


ま、婚活と言うにはあまりにも独りよがりで勝手で俺様で(笑)

てか、これはストーカーと言った方が正しいな(ぷ)


でもアタシ、風間の俺様キャラ、嫌いじゃないっすよ(^m^)



危機一髪な千鶴ちゃん。

次回、カッコイイおにーさんたちが駆けつけてくれるからね。


あ、次回は千姫も本格的に登場のようですね。

楽しみ、楽しみ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Free JavaScripts provided
    by The JavaScript Source

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。