スポンサーサイト

【--年--月--日 --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄桜鬼」第3話

【2010年04月22日 00:03】

最近・・・というかちょっと前からパズコレに凝っちゃってまして。

薄桜鬼限定で。アハ。


で、やりつくしちゃってもっとやりたかったんで、自分でも作ってみました。


色々作った中の2つ、このブログのサイドバーにもリンクを貼ったんで、よろしければお試し下さいませ





さて、「薄桜鬼」第3話も放送当日に見ました。

毎週、ホント楽しみ!


・・・が、しかし。

なんか段々絵が雑になってきてません?

特に引きの絵。


引きの絵になると当然人物が小さくなるわけで、そうなると表情とか顔のパーツとか、そんなに1つ1つ丁寧に描いてらんねーよ!ってのも分かるのですが・・・

せめて全体のシルエットは大事にして欲しいよなぁ、なんて


例えば肩幅、肩のライン。

体のラインの良し悪しは、肩幅や肩のラインで決まると言っても過言ではないっ!!

・・・と、思う。多分


どうしてもヨネさんの絵に魅せられたのがきっかけで薄桜鬼にはまった私としては、残念で仕方なくってさ。


ヨネさんレベルまで!・・・とは言わないけど、それなりにハイレベルな人物画でお願いしたいってのは、私の我が侭以外のなんでもないんだろうけど



ヨネさんの絵は、顔が美形というのは言わずもがな、体のバランスもすっごくイイのよね~


もっと言うなら、半裸?の状態での筋肉の描写が実にイイ!

ステキすぎっじゅるっ(涎)



おっといけねぇ。

ただのエロばばぁになってたよ。


軌道修正



ま、色々文句たれてますが、アニメになったことはとっても嬉しいのです。

ゲームをしない方にも、この薄桜鬼の世界に触れていただくひとつの良いきっかけになってるだろうし。


それに「ん~~~」て思ったのは引きの絵くらいで、他は本当に綺麗に丁寧に描いてくれてるように思うし。




ところでストーリーですが、アニメのストーリーの大筋はゲームの内容どおりで、細かいところではアニメのオリジナル部分もあるようですね。

今回、そのオリジナル部分がなかなかイイなぁ、なんて思いました。




いくら待っても現れない会津や桑名などの役人たち。

とうとう決断を下し、たった10人で池田屋に斬り込む近藤隊。



一方、こちらも同じく役人たちを待って四国屋の前に集まっていた土方隊。

そこへ千鶴が駆け込んできて、「本命は池田屋」と伝令。

すぐさま池田屋に駆けつける土方隊。


土方隊が池田屋に到着したのと時を同じくして、ようやく役人たちも池田屋の前までやってくる。


斉藤や原田たちに現場を任せ、自らはその役人たちの前に立ちはだかる土方さん。


局長以下我ら新選組、池田屋にて御用改めの最中である。一切の手出しご無用!


これに反発した役人たちに

あんたらのためを思って言ってやってるんだ。

隊服を着ていない者がうかうか踏み込んだら、中の隊士に斬られるぞ。
命が惜しかったらここでじっとしてるこったな。
今一度言う。一切の手出し無用。


きゃー!きゃー!きゃ~~~っ

めちゃカッコイイ!

涙出るくらいカッコイイ!

卒倒するくらいカッコイイ~~~っっ



土方さんの言動に驚いてる千鶴ちゃん。

そんな千鶴ちゃんに親切にも解説してくれる山崎くん(笑)

このまま役人達を池田屋に入れてしまえば、新選組の手柄は無かったものになってしまっていただろう、と。




ところで裏庭にまわった原田ですが、その原田のセリフ

安藤!新田!もう大丈夫だ。気をしっかり持て!

あ・・・よくやったな奥沢。
立派な死に様だ。


薄桜鬼、さすが!と言うべきでしょ。

この辺が「乙女ゲーと侮る無かれ」と思わされる所以。


この薄桜鬼はあくまでもフィクションなんだけど、ちゃんと史実も拾うところは拾っている。

単に新選組の名前とか人物を借りてきて作ってるだけでなく、こういう細かいところで史実も大事に取り入れているあたり、ホントさすが。

だから惚れたのさっ




そして今週、やっと風間千景、そして天霧が登場!

ゲームと違って風間と天霧が同じ部屋にいたけど。

その辺は尺の関係とか、ゲームみたいに枝分かれしないから、分かりやすいようにとか色々あるんでしょうね。


で、2話で既に思ってたんですが、基本土方ルートだけど、色んなルートの要素も取り混ぜながら進んでいくみたいですね、アニメは。


そよね。

そうじゃないと後半になってくると、土方さん以外、ほとんど他の隊士が出てこなくなるもんね(笑)


特に総ちゃんなんて、全く・・・いたの?くらいの勢いで(爆)




風間と天霧が同じ部屋に、というのはオリジナルっていうよりアレンジと言うべきだけど、最後の、千鶴が祇園祭を原田や永倉と一緒に見に行くシーンは、アニメの完全オリジナルですね。


巡察の途中でこんなことしてるのが土方さんにバレたらヤバイ!!

と、心配する永倉に、これは土方さんの命令だから大丈夫だという原田。

それを聞いて「らしくないことするじゃねぇか」と永倉。


あー見えて、細かい気遣いする人なんだよ


原田も人をよく見てる。

土方さんのことよく分かってるじゃな~い!

ステキだ~~~。


そしてそういう一面を鬼の仮面の下に隠している副長もステキすぎっ。


このアニメオリジナルの部分は、土方さんを理解している大人な原田もカッコイイし、押し付けがましくなく人を気遣える土方さんの魅力も溢れ出ていて、とってもステキ

イイね、イイね~~~




あ、そうそう。

石田散薬のシーン、めちゃ面白かったっすよね(^m^)


怒りに燃える土方さんのコブシ(ぷぷ)


平助くん、言葉には気をつけましょー(笑)





さて、来週は禁門の変。

こちらも土方さん的に楽しみなシーンが。

あるよね?

どう?


そしてアニメのペース的に、そろそろ山南さん、変若水飲む頃?
スポンサーサイト


コメント

  1. 日向猫 | URL | 5tr0k2J.

    お邪魔します・・・。

    アニメの絵について共感です。。

    他の漫画とかもそういうのおおいですよね。。。

    ファンとしては、つい。。。。

    お邪魔しました。。。

  2. みさお | URL | 8WFIowAI

    >日向猫さん


    お返事が遅くなってしまって、本当に申し訳ございませんv-436v-356

    アニメになると、どうしてもそうなると頭では分かっていても、どうにも気になってしまうという・・・
    一生懸命作ってくださってるスタッフの方たちには申し訳ないのですがv-356
    でもでも、薄桜鬼をアニメにして下さったということには、本当に感謝してますv-363
    これからも毎週楽しみだということには変わりありませんv-290

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



Free JavaScripts provided
by The JavaScript Source

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。