スポンサーサイト

【--年--月--日 --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「薄桜鬼」第2話

【2010年04月15日 23:16】

「薄桜鬼」第2話、放送当日に見てたんだけど、感想をアップするのが遅くなりました

最近、見たいテレビがたくさんあるってのもあるけど、実は長いこと放置してた「薄桜鬼DS」にここのところ夢中になってしまってて。


質疑試合、あれって1キャラにつき1つのスペシャルボイスってわけじゃなかったのね。

今更気づいた


あれって多分、全キャラ攻略してから改めて例えば土方さんにまた随伴してやれば、別の土方さんのスペシャルボイスがもらえるのね。

全キャラ攻略してない時には、何回やっても同じキャラの別のボイスはくれんかったもん。

だから最初、1キャラにボイスは1つかぁ、って思ってた。


今回、多分全部の土方ボイスをゲットしたんじゃないかと思ってるんだけど・・・

「朝・昼・夜」読み込み、「朝・昼・夜」保存、画像ページ、表題。

こんなもんだったかな?

これらに移動するたび土方さんの声が聞こえてくるもんだから、いちいち手が止まってー!(笑)




あ、そだ。

ガルスタもちゃんと発売日に買いに行って見ました。


嬉しい新展開の発表!

9月にPS2ソフトで完全続編の薄桜鬼のゲームが出るのね。

しかも今度は乙女ゲーではないと。

冒険したね~~~


主人公は新選組に入隊する架空の人物。しかも男。


でも「完全続編」て書いてるけど、今出てる薄桜鬼のゲームより時代が遡ってるから、“続編”ていう言い方はなんかピンとこないけど。


ま、とにかく9月が楽しみっっ




おっと。

すっかりDS話と続編話に夢中になってしまった。アハ


そうそう、本題は「薄桜鬼」第2話。



ちょうどみんなが広間で食事をしようというとき、大坂から総長と副長がご帰還。


大坂での報告などを済ませた後、目ざとくこの場にいる千鶴を見咎めた副長。

うわわわわ・・・冷や汗もんだわね、千鶴ちゃん


でも局長はじめ、平助やぱっつぁん、左之さんや源さんまで、自分が誘ったって庇ってくれて

総ちゃんも庇い方としてはちと捻くれてるけど(笑)、そんなに言うなら土方さんが四六時中見張ってれば、って。


が、しかし。

一くんだけは、なんも言わんかった。

特に庇い立てするでもなく。

なんせ副長リスペクト!な一くんだもんね。むふ(^m^)


ま、元々無口だし、ここで「自分が誘ったんだ」なんて言うようなキャラでもないけどね、一くん。



居た堪れなくなった千鶴は自分の部屋に戻ろうとしたけど、「食事だけだぞ」って許してくれた土方さんに、驚くやら嬉しいやら。


ふふふふ。

なんだかんだ言って優しいのよね、土方さんたら

でもま、顔つきはあくまでも厳しく、口調も厳しく。


局長には、あんたがそんな甘いこと言ってると示しがつかねー!なんて説教してたけど、どうしてどうして(笑)


結局、こういう健気な女の子には鬼になりきれない副長




朝食の支度をする総ちゃんと一くん。

そこへ何か手伝えないかと現れた千鶴ちゃん。


平助も加わって、最近、山南さんがほとんど食事に手をつけていないという話に。


するとその時、その場を通りかかる土方さん。

みんなとの食事は許したが、こんなところに来ることまで許していないと、厳しい声で言われる千鶴。

無表情で言われるから、余計怖いよね、多分


でもめげずに山南さんの食事の世話をしたいと申し出る千鶴。

蘭方医であった父のそばで、患者の世話をした経験もあるからと。


そんなことをすれば余計に意固地になるだけだから、やめておけと言う土方さん。


でも結局、総ちゃんや平助の口ぞえもあって、投げやりな感じで勝手にしろ、と。


山南さんのこと、心配じゃないのでしょうか、と呟く千鶴。


すると・・・ここ!ここですよ。

一くんがー!

副長リスペクトの一くんがーーーっ!


逆だ。
・・・むしろ、一番心配している。
自分が一緒にいながら、山南さんに怪我を負わせてしまったことを、誰よりも気にかけている。


いや~、一くんてば達観してるよね~。

人の気持ちってのがよく分かってらっしゃる。

総ちゃんより年下、平助と同い年なのにね!


・・・て、あれ?

薄桜鬼ではどういう設定なんだろ?

なんか平助だけがやたら年下のように描かれてるように思うけど。

史実では一くんと平助は同い年なんだけど。


ま、そのへんは、いっか。



それよりね、このシーンで私は、組!のあるシーンを思い出した。

山南さんが切腹と決まったとき、八木家のおひでちゃんが、土方さんは山南さんが嫌いなのか、って言ったシーン。


ここでも斉藤が、そうじゃないって言うのよね。

お互いがお互いを認め合ってたって。


うーーー、泣ける~~~


私ね、こういう土方さんと斉藤の関係性が好きなんです。

こういう風に二人を描いてくれる、小説なりドラマなりなんなりが大好きなんですっ

結局、私の勝手な好みの話ってだけのことなんですけど。


要するに、土方さんと斉藤が特に好きなんだろね、アタシ。



あ、でも総ちゃんもね、薄桜鬼みたいなブラック総ちゃんは大好きです。

爽やか総ちゃんよりも黒い方が好き(笑)

口癖のように殺す、殺す、ゆーてる総ちゃん(ぷ)


でもあんまり言い過ぎると怖さ減少・・・てか?

外に出られるように副長に頼んでやるって言われたのが嬉しかったからかもだけど、巡察の邪魔になるようだったら「殺すよ」て言われても、笑顔で「はい!」て答えてる千鶴ちゃん(笑)





そして第2話後半は、枡屋を捕縛し、池田屋に突入というところまで。


四国屋に向かった土方隊へ伝令に走る千鶴。


土方さんに伝令した後、さて千鶴はどこに行くのか。

う~、気になるところ。


私個人的にはもちろん、副長についていって欲しい!

と、思ってたら、予告編で副長が役人たちに言い放つあのセリフが!


うふ。来週も楽しみだわ~



あ、そろそろ風間千景、出てくるかな。


あのとてつもない俺様キャラも、結構・・・いや、かなり好きです(笑)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Free JavaScripts provided
    by The JavaScript Source

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。