スポンサーサイト

【--年--月--日 --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤバイっくらい久々だわ(汗)

【2011年03月02日 00:11】

いやはや、久しぶり過ぎて・・・

ボソッと呟きます(笑)



碧血録の21話、22話の感想、書けないまま時はどんどん過ぎていって。


いつかアップしようとは思うけど、あれって勢いなのよね。

見た瞬間の気持ちとか感動とかを、そのままの勢いで書かないと、なかなかね。

アタシの場合、結構エネルギー使うのです


ちょうど最終回あたりのあの年末の時期、いろいろ個人的に重なっちゃってね。

忙しくてね。

タイミングを逃したっての?

そんな感じ。


でも薄桜鬼熱は未だに冷めてませんっ

それどころか更に燃え盛ってるかも



随想録DSは3日ほどで全クリ。

結構、覚えてるもんですね。選択肢、どれを選べばイイとかさ(笑)


PS2の随想録には無かった「事件想起 三」は嬉しかったな~

見たかったスチルが見れて。

新たな物語も見れて。



で、なによりヒットだったのが、集めたスチルをタッチすると色んなセリフが聞けるアレ

ドキッとするのとか、わらけるのとか、色々あってね~(^m^)


「なんでそんなとこ見てんだ?」だったっけ?

そんな感じのセリフだとかさ~。


もう何回、土方さんを弄びまくったか(え)




PS2でやっちゃってる随想録だし、そんなに気分は盛り上がらんだろ。

と、思ってたら、とんでもない。

おもっきし、またまた目はハート、心(だけ)はオトメ


随想録コンプ後、アニメ見て、それでも飽き足らず、「薄桜鬼」本編のゲームまでやっちゃったよ。

土方ルートだけだけど。

序章を飛ばさず、ホントのホントの最初から(笑)

そう、昔読んだ小説を読み返すような感覚でさ。


いや~~~、ほんとイイよね、薄桜鬼。

改めて感動

そして改めて惚れたぜ、土方さんっっ



気付けばね。

買うつもりが無かった遊戯録DS、密林で予約しちったよ。


ホントはチビキャラってそんなに好きじゃなかったのにー。

あくまでもヨネさんの絵が好きだったのにー。


でもちょっとはヨネさん絵のキャラたちも出てくるのよね。

それ思うと・・・


あちこちで見た遊戯録の評判はもひとつだったし、買おうなんて思ってなかったけど、ポチしちゃったよ。



あー、踊らされてるよなー(笑)

でもそれが、シアワセだったりする(ぷぷ)
スポンサーサイト

めっちゃ遅れます予告(予告?)

【2010年12月15日 23:32】

アニメ薄桜鬼、とうとう最終回も終わってしまいました


アニメはちゃんと放送日に見てるのですが・・・

諸事情により、感想をアップできないでおりますです。


諸事情て大げさに言ってますが(笑)、平日は仕事、先週、今週の土日は遊びまくってて感想がアップできないというだけのことなんですが


先週、今週と、週末は“神のお導き”により東京に行ってますゆえ。

お分かりになる方は、お分かりになりますよね~(笑)

私のもうひとつのブログの主人公のところに行っているのでございまする。


てことで、薄桜鬼のこと、あれやこれや書きたいことがいっぱいあるけど、いかんせん時間が無く


おそらく、25日以降に、21話、22話の感想は2話分まとめてアップすると思います。


ま、詳しい感想はその時に、ということで。

でも一言。


アニメスタッフの皆さん、ありがと!

ゲームではカットされて無かった部分、こうであったと伝えられているあれやこれやを追加してくれて!


土方さーーーーーーんっ

大好きだぁぁぁ

「薄桜鬼 碧血録」第20話

【2010年12月06日 01:51】

とうとうもう20話。

どんどん皆、いなくなってきます(涙

近藤さん、総ちゃん、サノさん・・・


一くんは生きてるけど、土方さんが会うことはもう無いし。


仲間が離れ離れになっていく・・・寂しいですね


そしてこの20話では・・・


みんな土方さんを心配して、そして千鶴ちゃんに託して逝っちゃいます。

残される者というのも、辛いですね~




[ 続きを読む ]

「薄桜鬼 碧血録」第19話

【2010年11月29日 00:36】

薄桜鬼19話、今回は斎藤の回となりましたね~。


こうやってそれぞれのキャラに、ちゃんとしたストーリーを作ってくれて、その最後までを見せてくれるのはいいですよね。

ゲームだとルートごとにそれぞれの運命が変わるけど、例えば土方ルートなら沖田はこうだった、斎藤はこうだったと見れるのはアニメならでは!

18話と同様、19話もほぼ、アニメオリジナルの話になってますもんね。




ところで、おさらいのため今日また見ていた19話。


会津藩士の正木という人が出てますよね。

容保公から新選組に預けられた藩士の中のリーダー格の人。


その人の声を聞いて、ウチの子が

「あ!ズラの声!」

と。


ズラとは言わずと知れた、銀魂の桂小太郎(笑)

私は言われるまで全く気付かなかったけど、調べてみたら、そうでした!


さすが、銀魂フリークの我が息子(笑)





さて、そろそろ本題。

19話の感想です。



[ 続きを読む ]

「薄桜鬼 碧血録」第18話

【2010年11月22日 02:36】

第18話の薄桜鬼・・・切な過ぎる

16話の近藤さんとの別れも辛くて涙涙だったけど・・・

この回もまた違った切なさと言うか、何と言うか。


テレビスタッフの演出の効果がかなりあったよなぁ、と思います。

ゲームには無かった、アニメオリジナルのシーンに号泣させられた回でした。


サノさ~~~ん!!

総ちゃ~~~ん!!




[ 続きを読む ]

「薄桜鬼 碧血録」第17話

【2010年11月15日 00:11】

今回の薄桜鬼、なんだかもう・・・ぐふふふ

よっ!待ってましたーーー!て感じっすよ。

やっとキタかー!って言うの?むふ(何)



今回は・・・てか、「今回も」かもしれないけど(笑)、結構暴走気味な感想になるヨカ~ン。





[ 続きを読む ]

「薄桜鬼 碧血録」第15話・第16話

【2010年11月03日 16:53】

感想は週末・・・なんてこと言ってましたが、いてもたってもいられない!

16話は、今まで放送されてきたアニメ薄桜鬼の中でも、傑作中の傑作となりましたね。

もうラストのシーンでは涙腺大決壊


黎明録で多摩時代からの近藤さんと土方さんの苦悩と挫折の日々を見て。

それでもなんとか歯を食いしばるように這い上がり。

そして二人の固い絆を見せられて・・・

ちょうどそんなのを見た直後だったんで、余計に魂が揺さぶられました(涙)


あのシーンはゲームでもウルッときたけど、アニメだと余計に・・・

三木さんの名演に泣かされたよ~




では、16話の感想を・・・

と、その前に、軽く15話の感想も。




[ 続きを読む ]

「黎明録」土方ルート、クリアしたぞ~い

【2010年11月01日 22:40】

えっと、まず碧血録の感想ですが、土日はすっかりどっぷり黎明録に入り込んでたんで、書く暇がありませんでした~アハ。

ま、15話は土方さん、あんまり出てこなかったし、多分16話の感想と合併して今週末あたりに書くかもデス。




でね。

黎明録土方ルートのグッドエンド、ノーマルエンド、バッドエンド、全てやりましたっ


・・・て、そんなに力入れて言うほどのことじゃないけどさ(笑)

薄桜鬼って、ゲームとしては簡単な部類に入るもんね。


私としてはゲームと言うより、綺麗なグラフィック付きの豪華な小説、って感じで楽しんでます。



そうそう、そのグラフィックがですね、ま~~~、超美麗っ

今までのシリーズの中で、一番気合入ってるんじゃないか?ってくらい。

確かに血まみれ度も高いですが(笑)


個人的には、多摩時代の話やグラフィックが超感動モンです


そして、そして・・・

見事グッドエンドまでたどり着くと、ファンには垂涎モンのステキなものが・・・


公式サイトなどにも出てますが、十六夜挿話ってのがいくつかあって。

主人公(龍之介)以外の人の視点からのお話なんですが。


その十六夜挿話、それぞれのキャラの最後に出てくるものは、まさにファンへの贈り物って感じです。

まだ土方さんのものしか見てないけど、キャーキャー大騒ぎでしたよ、アタシ(笑)




で、昨日から、土方さんが終わったんで斉藤ルートへ挑戦してたんですが・・・

思わぬ展開。


シークレットの第6のルートが早くも出てきたんで、斉藤クンは置いといて、まずはそっちに行ってます。


第6のルートは、予想通りのあの人でした。



ではでは、今からまた、黎明録の世界へ飛び込んできます


あ、今日は碧血録の放送もあるし、あーーー、なんて幸せなんだ~~~

「薄桜鬼 碧血録」第14話

【2010年10月24日 21:29】

碧血録を見ていて思うこと。

いや~、ホント、作画に力入れてくれてるよな~!と。

1期の時よりも更にね。


特に土方さんの美しいこと、美しいこと・・・

はぁ~、ため息が出るほど惚れ惚れしちゃいます



そんな薄桜鬼碧血録の第14話。

いよいよ甲府へと出陣、そして戦いが始まります。




[ 続きを読む ]

千鶴だけでなく風間も?!

【2010年10月21日 21:36】

黎明録サイトの「登場人物」が更新されましたが、これを見てビックリ~


千鶴ちゃんは随分前から雑誌などで黎明録にも登場って出てたけど。

風間も出るなんて!(驚)


どんな風に関わってくるんでしょう。

興味津々。

ワクワクするな~



で、千鶴ちゃん、今度は主役じゃないんで、声が聞けるんですね。

アニメ版同様、桑島さんの声でっ


ゲームで千鶴の声を聞くなんて、なんか不思議な感じだ~(笑)


んで、ちゃ~んと名前変更できるようになってるんですね、千鶴ちゃん。


ぬかりないな~、薄桜鬼スタッフ!

さすがです



Free JavaScripts provided
by The JavaScript Source

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。